ガンプラ HG 水星の魔女 ガンダムエアリアル

無事の購入。プロローグを見た時絶対みんな「阿頼耶識システムじゃん…」と思ったガンダムです。

早速組んでみました。

前回のベギルベウを組んだ時も思っていましたが、エントリーグレードの技術が結構使われています。とかなんとか思いながら完成。

HGといいながらの完成度。スタイルとかデザインは置いといて…(物理学的に気になる所はもちろんあるけど)さすがバンダイです。

可能な限りスミ入れしています。

黄色の部分はもちろんゴールド塗装。金色は正義。

胸の…キラキラ光る部分の下側が黄色のままで、画を見るとピンクっぽい色になったのでそれらしくガンダムマーカーで塗装。

シールドとビームライフル装備。シールドはエスカッシャンというらしい。

そして…

そのシールドを分離して本体に装備させたモードがあり、ビットオンフォームというらしいです。本編始まっていないのでよく分からない事が多いです。

ビームサーベル装備

シールドを分離、通称「ビットステイヴ」状態。

ビームキャノンによる機動砲台とかシールドで運用。でもねぇ…個人的にはシールドにこういうエネルギー発生ユニットがあるのは破壊された時に自分への被害も大きくなるのではと思ってあまり推奨しないんですよね…

プラモの方は左側のユニットを用いてシールド状態にしていました。

こういう感じでキメッ!としてレビュー終了したいと思います。

本編まだ始まっていないのでこれがどう動く、活躍する、というのは分かりませんが期待しながら見守っていきたいと思います。