週刊朝日 ガンダム特集号

とありますが、表紙には特集号とか書いてないな、これ。

それどころが、「タロウ、行きまーす」って…

まあいいです。中身。

カラーのページに初期ガンダムのガンプラアートが載っています。こう載っているといいですねーそそります。

その他は買ってから見てください。

中身一部

ガンプラ特集号なんですね。川口名人が載っています。

この中に

「初めから色分けされたパーツのシステムインジェクション(多色成形)やイロプラ、
接着剤を使わなくてもいいスナップフィットなど、商品づくりの意識が変わっていきました」

という文章がありましたが、

イロプラとかシステムインジェクションってドラグナーとかそのころから出てきた記憶があります。

正式には「イロプラ」はランナー毎に色が変わっているやつで、こっちはザクとかガンダムが
先行してた。その当時は衝撃的だった記憶がある。接着剤必要。Gアーマーがあったはず。持ってたもん。
システムインジェクションがドラグナーから使われたと記憶。
D-1の足(ダムの部分:ふくらはぎ)に赤いラインが入っていて、なんじゃこりゃ~、どうやってこんなの作ったんだー!!って記憶がある。
懐かしい。

最後にはガンプラの歴史が。この本は永久保存版です。

もう残りがないかもしれないので気になる方は急いで探しましょう!

それでは!

 

+1