雑誌 「幼稚園」5月号 公衆電話を作る

最近話題の「幼稚園」の5月号購入。

NTT東日本、西日本コラボの

「リアルすぎ!ふろく こうしゅうでんわ」!を作る

もともとの目的は、ケータイやスマホで電話をする習慣になり

最近のお子さんは公衆電話を知らない、使えない、ということを回避するために

ふろくを通じて学ぶことを目的としてるようです。

幼稚園だけじゃなくて小学生も知らんわ公衆電話。

ということで作りながら学びましょう。

中身です。今回はワニワニパニックと違って電子部品はないです。

小学生でも時間掛ければ作れます(1年生はちょっと無理だと思うが)。

受話器。簡単に作ってました。大きさこのくらい。

ちょっとコードが短いか。

本体組み立て中。テレホンカードを入れて出すギミックのところ。

結構シンプルな作りです。でもよく考えられている。

コインを入れるところと受話器

正面ガワがつく。

完成!全長約30㎝位とかなりの大きさ。

完全監修だけありすごい再現度。

「あそびかた」という名の使い方が載っています。

かけ方。うちの子も勉強しました。ひとりでなんか喋ってた(笑

コイン投入口からお金も入れて貯金箱替わりにもなるそうです。

でも、すぐ取り出せるからあまり意味はないけど…

よくできていました。

早く買わないと売り切れるかも?

 

 

0