書籍 ホビージャパンヴィンテージ Vol.5

最近発売された書籍です。2400円(別)とちょっと高め。

内容は…
「まさに模型のタイムトンネル!昭和感たっぷりの記事&作例!!」
とありますように、ガンプラ初期の話やら昭和時代の著名な会社、ボックスアート作者の話なのが載っています。
正直おっさん向けです。

発売されたばかりなので中身の紹介はなかなかしずらいのですが、気になったところをいくつかピックアップしたいと思います。

■旧キット1/100ガンダム
作中にはいろいろガンプラ等の変遷や変化点を書いてますが、気になったところ

初期のガンダムはコアファイターがむき出し!!
実際に当時購入して「こんなんだったっけ…?」と子供心に考えてた時期があります。
こんなんだったら攻撃食らったらイチコロじゃん…って。
プラ板で自分でふさいだほうがいいのでは…とか。

■イマイのプラモデル「ロボダッチ」

もうね、これが子供の頃不思議でしょうがなかった。
だってTVで放送してない商品がプラモデルであるという、全然考えられない事が起きてたから。
きっと東京とかそっちで放送がある商品なんだろうな、と思っていました。
この辺の経緯が「イマイ物語」として記載されています。実に興味深い話でした。
マクロスプラモのイマイはこういう経緯をたどっていたのかと…

■アオシマプラモ「レッドホーク」

これ持ってた!1000円位のでっかいプラモで、4つを組み合わせて巨大空母が出来るとかそういうやつだった記憶がある。
アオシマの特徴はそのキットの中に別のパーツが入っていて、全部を集めるとまた一つのロボットとか出来る、というのが多かった気がする。
→アトランジャーとか違ったっけ??
いやぁ…懐かしすぎる!

■ビッグワンガム(食玩)

くわぁ…これが出てくるとは…もう大好きで、お菓子売り場に行くとこの新製品がないか、別の店で違うのがないかとか一生懸命探してた。
当時は今みたいに発売カレンダーとかそんなのがある訳でもないので一期一会。
で、南極観測船「しらせ」とかF1(たしか6輪、ティレルだっけ??)とか、すごくそういうのを覚えている。

あと途中ではゴッドフェニックス(ガッチャマン)があったり(欲しい…当時超合金持ってた…)、MSVの話があったりと確実に幼少を
プラモデルと共に過ごしたおっさん好み(殺し)の本です。

買ってよかった!

+1